現在位置:Home の中の 製品と設備 の中の 精密機械加工

精密機械加工

 前田精密では、油圧部品、情報通信関連部品、航空機部品、医療関連、衛星通信等キーパーツなどの精密機器部品の加工を手掛けてきました。これらの精密加工を行うための旋盤、フライス盤をはじめとした切削機を多数保有しています。


 旋盤はスイスのシャブリン(SCHAUBLIN)社製の汎用、およびCNC自動旋盤をはじめとして、大小様々なワークに対応するため各種多様の旋盤加工機を保有しています。


 フライス盤は汎用のものから、5軸のマシニングセンタまで特殊な加工、およびパレットを併用して量産加工まで幅広く対応できる加工機を保有しています。


 加工プログラムの作成にあたっては、2D、3DのCADデータとCAMを連携させることが可能で、製品製作の効率向上を図るとともに、従来の2D図面では表現が困難な3次曲面を持つ部品の製作も、CADデータからの製作が可能となっています。


 表面改質などを目的とした熱処理、表面処理にも対応しており、最終的な製品精度や面粗度を実現するための研磨装置も多数取り揃えております。


 前田精密では各種加工機の性能を引出すとともに、熟練した作業者の技術や手腕を必要に応じて複合的に取り入れることで、精密小型部品の求められる精度と品質を実現しています。

 

 

精密機械加工

 

マシニングセンタ